子供も妻もゆかりのすっぱいあの味が好きなようです

あるふりかけメーカーの懸賞に応募するために私はスーパーマーケットでふりかけを購入してそれを引き出しの中にそっと忍ばせておきました。
私の家ではふりかけといえば梅干を作った時に出る紫蘇をミキサーで粉々にして「ゆかり」かゴマに塩を入れただけのごま塩を普段はご飯にかけ食べています。本当は私はのりたまとかカツオふりかけなんかがすきなのですが、妻がゆかり好きなのでこればかりです。
ですから、我が家ではこうやって市販のふりかけを購入したのは久しぶりです。私はふりかけを引き出しの中に入れておけば子供がこのふりかけを使ってくれると思っていたのですが、私以外は購入してきたふりかけを使いません。
もっぱら家族はゆかりかごま塩を使います。私は市販のふりかけを購入してくればすぐに購入してきたふりかけは使われて、懸賞に応募できると思ったのですがふりかけの中身はなかなか減りません。
子供も妻もゆかりのすっぱいあの味が好きなようです。

1.5Lのペットボトルをほとんど見かけないコーヒーやコーヒー飲料

父が最近よく500mlのペットボトルのカフェオレを買ってくるのですが、
いつも3〜4本は冷蔵庫に入っています。

私はカフェオレは全く飲まず1.5Lのペットボトルの紅茶やコーラを飲んでるのですが、
冷蔵庫から紅茶を出して冷凍庫でキンキンに冷やしたコップに注いでる時に、
コーヒーにはなんで1.5Lのペットボトルがほとんどないのだろうかと思いました。

コーヒーやカフェオレなどのコーヒー飲料のペットボトルは、
大きいものでもだいたい1Lくらいで500mlがほとんどで、
1.5Lはほとんど見たことがありません。

売ってもほとんど売れないものだったら売ってないのもわかりますが、
コーヒー系の飲み物は売れので、
1.5Lのペットボトルがあってもいいと思うのですが、
なんでほとんど見かけないのか不思議です。

ほとんど売ってるのを見かけない理由は何かあるのかと思うのですが、
気になって調べてみてもほとんど売ってなない理由がわかりません。ミュゼ キャンペーン 予約

はじめての事をするなら、もっと慎重になるべきですね

 今回気まぐれにナプキンからタンポンに変えてみて、寝ている間の漏れを始めとした様々なナプキントラブルから開放され、こりゃ快適だ!と思っていたんですが。
 もしかしたら……使い方を間違えて、TSS/トキシックショック症候群になった可能性が……。
 詳しく検査はしてないのでなんとも言えないんですが、自分でざっと調べてみたら「あんまりにも不潔な状態で」「長時間(一般的に最大8時間までなので、それ以上)使いすぎる」と起こるようですね。
 症状は、今回私がなった目眩や吐き気を伴う激しい腹痛というのは合っていますし、もっと酷いものになると記憶障害や死に至る場合もあるんだとか!
 どちらも自覚はないんですが……普通にトイレで用を足してそのまんまタンポンを取り替えなかったのと、寝すぎちゃったのがそれに当てはまるなら、そうかもしれませんね……。
 それから、タンポンだけを連続で使うのもあまりよろしくないようですね。
 出来ればタンポン→ナプキン→タンポン、というように交互に使うのが望ましいんだとか。
 今はいつもどおりナプキンに切り替えましたが……でもやっぱりタンポンの方が楽なので、次回はちゃんと正しく使えるようにしたいです。キレイモ 初回 持ち物

まだ遠い先の事のようで近かった介護という問題

両親と3人暮らしの私にとっては、いつの日か介護という問題が必ず出てくるとは常々考えており、しかしながらまだ遠い先の事のように思っていました。
母もあと2年で70代ですが、時々肩が痛いとか腰が痛いという事はあれど、元気でよく食べるので安心していた部分もありましたが
突然、立ち上がれないほどの全身の痛みが出たようで起き上がれないようになりました。首がまわらないとか肩凝りが酷いというのは数日前に聞いていましたが、いつものようにしばらくしたら治ると思っていましたが、悪化してしまったようでした。
色々整形外科や脳神経外科などを受診しましたが、原因等の特定には至らず、日々リハビリに通う日々が続いています。
家事もままならないので、私も仕事に行く前や帰宅してからは家事の手伝いを増やしましたが、夜中の起き上がりなどは手助けが困難なので、電動ベッドを購入する事にしました。
初めは介護用で探していましたが、高額なのでリースする人が多い事もわかり、近くの家具屋へ見に行ったところ、お手頃なのに機能もよく、寝心地も良さそうでしたし、なにより手摺もついていたので即購入しました。
明日、ようやく電動ベッドが届きますが、母も楽しみにしている様子でした。
夜中に誰かを起こさなくて済む事がなくなるのがなによりも気持ち的に楽になるようでしたし、快適に寝起きができるようになるのも嬉しいようでした。
突然の事で毎日慌ただしく過ぎ、介護はこうして予期せぬタイミングでやってきたりします。意外と早い段階で介護という問題に遭遇しましたが、協力し合えばなんとか日々過ぎていく事ができています。
日々思う事は、私が産まれてから手が離れるまでも常に面倒を見てくれて育ててくれたので、それが今度は逆になったんだなという事と、母の首や肩や足腰をマッサージするようになって、母とじっくり向き合う時間が増えた事により、母も歳を取ったんだなという事です。
私の中ではいつでも昔の母のままだと思い込んでいましたが、それは日々の慣れや向き合う時間の無さが私の目や記憶をぼかしていただけでした。
長年、特別なにもしてあげられなかったので、突然ではありましたが、母とじっくり向き合う時間を貰えたと思って、母になるべく付き添って過ごしていこうと思っています。
今私ができる事は、家事の負担を減らす事とかももちろんですが、不自由な体でも楽しいという気持ちを与える事、笑顔を与える事だと思っているので、1日に何度かは母を笑わせるべく、どうでも良い事やくだらない事、しょーもない事を全力でバカらしく提供する事です。

催眠術だとか占いだとか、気になることについて

学生時代に「催眠術」という言葉だけに友人とはまったことがあります。結局はそのまま何もしないまま終わったのですが、何年か前、催眠術的なものを知人にかけられたことがあります。さて、言葉だけにはまっていた己は、催眠術の中身などさっぱり分かりません。
催眠術的なことをされ知人にいろいろ質問された際も、実は「こう答えた方がいいかな?」とか考えていました。これは催眠術にかかっているとはとても言えないのでは、とぼんやり思ってみたりします。
ネットで調べてみても、催眠術のことはよく分かりません。己の理解力が低いのも問題だとは思うのですが、催眠術というそれ自体が曖昧なものではないのかと思ったりもします。
すごく気になるので、一度専門家のところで催眠術を体験してみたい、気はします。ただ、それなりにお金がかかるので躊躇するレベルでしか気になっていないという感じです。占いについても、同じように一度くらいは専門家に見てもらいたいのですが、二の足を踏んでいます。これは料金的な問題ではなく、ただ単に質問することが等にないからです。
両方とも、とても悩んでから出かけた方がいいのかな、という気がしています。いろいろと悩むほど物事を深く考えて生きていないのが一歩を踏み出せない原因なのでしょうか。
興味本位で軽く体験できる敷居の高くない占いとかあったらいいなと思います。

流暢にキーボード売っていると圧力がかかります

叱らない子育ても、もういい加減ん、やめにして欲しいです。これだと、叱らない子育てしているおかしな子供ばかりがいい思いをしますよね。もちろん、生死に関わるようなことは、講義できても、つまらないことは遊ばないということでしか対処することができません。確実に、10年前と違っているはずです。
虐待しないのと、叱らないのとでは違いますよね。スあm保ができる前の教育論を、スマホが出来てからのもので使うことができないのです。スマホという万能な魔法のグッズを身につけてしまったのですから。
こうやって、流暢に、キーぼーどをうっていると、電ぱ感じます。つまり、嫌だということでしょう。パソコンはいじれませんから。キーボーどはなんなのか、子供は知らないのです。まあ、辛いですよ。攻撃ですから。しかしながら、ずっとはできませんよね。こちらに向けて、操作しつづけないといけないのです。電気もかかるでしょうから。
ただ、家族が多いのです。ミュゼ カウンセリング

カルボナーラやボラギノールと言いそうになる

昨日から妙にお腹が痛いんですが…これはまた、排卵日痛が来ましたかね…?
時期的には丁度合ってるんですよね。
ルナルナによれば、昨日が排卵日で、でもおりものの様子からして、今日かな??っていうのを今朝感じたので。
腰も痛いし…最近はこれが顕著になってきたから嫌ですね…。
でもこんな時に限って鎮痛薬はイブもロキソニンも切らしているし、寝坊気味だったので出勤途中で買うことも出来なかったし…で、会社でもらうことにしたんですが、もらったのはイブでもロキソニンでもなく、カロナールという、あまり耳馴染みのないお薬で。
多分、以前なにかしらで病院にかかった時にもらった中にありそうな気はするんですが、自分でドラッグストアなどで買ったことは無かったので、初めてに近い感覚で飲んでみました。
説明を聞くと、妊婦さんでも飲めるぐらい優しい薬のようで…確かに、効き目はイマイチでしたが、副作用らしい副作用は出なかったので、今度からこれにしようかなと。

最近の私はジャスミンティーにハマっています

私の最近のお気に入りのお茶はジャスミンティーです。
何といっても香りがよく、また味も独特の癖があるところが気に入っています。

私が最初にジャスミンティーを飲んだのはかなり前のことです。
台湾の知人にこのお茶を勧められたのがきっかけでした。

正直、最初の頃はジャスミンティーの独特の癖のある味に抵抗がありました。
しかし、癖がある分、何度も飲んでいるうちにそれにすっかりハマってしまったような感じがします。

中国茶の中ではウーロン茶が多かったのですが、ある時、香りの強いジャスミンティーが無性に飲みたくなり、それ以来すっかりハマってしまっています。

ストレス緩和にも効果があり、このお茶を飲むとかなりリラックスできます。
さらにカフェインが入っているので、頭がすっきりしてきて、集中力を高めることができます。

最近はたんぱく質を意識して摂るようにしていますが、お菓子も豆菓子を食べることが多くなったかもしれません。
これからも健康に良い飲み物とお菓子で、毎日を乗り切っていきたいと思っています。

夢を見る人見ない人、夢の色んな「あるなし」

先日、友人と夢の話になったのですが。
「まず『これは夢だな』って思ったんだけど」
と言われて私はすごくびっくりしました。
「明晰夢」というらしいのですが、夢の中で夢を見ていると自覚出来たことなんて私には一度もなかったのでとても驚きました。

他にもカラーの夢を見る人と白黒の夢を見る人もいるらしいです。
私はカラーなのですが、白黒の夢って、昔の映像みたいな感じなんでしょうか?

昔テレビで、見たい夢を見る方法が紹介されていました。
はっきり覚えていないのですが、まず寝る前に音楽などでイメージして、空を飛ぶ夢を見られるようになることから始めるそうです。
空を飛ぶ夢を見たら、その夢の中で自在に飛べるように訓練していくのだとか。
枕の下に写真を置くアレは定番ですが、果たして効果はあるのでしょうか。

私はほぼ毎日夢を見るのですが、夢って眠りが浅い時間帯に見るそうですね。
つまり自分は毎日よく眠れていないのか、と少し不安になったりもします。

そういえば、夢をよく見る人は金縛りが起こりやすいそうです、私も一度経験しています。
これは脳が起きているのに体が眠っているから、意識はあるのに体が動かせない=金縛り、という風になるそうです。
ホラーなお話は苦手なので、夢に関係していない方の金縛りのお話はしないでおきますね(笑)

ネットショップとの差別化をしないと生き残れない時代

先日、近所の書店が閉店することになったと閉店セールをしていました。年度末という時節柄もあるのかもしれませんが、郊外の大型店を除いて多くの店が閉店しているのを目にします。一方、毎日のようにどこかの家に宅急便の車がせわしなく行き来しています。アマゾンをはじめとしたネットショップの宅配でしょう。自宅に届き、量販店よりも安いことから、ネットを利用したショッピングがこれだけ便利になると、それは店舗型のショップは閉店に追い込まれるだろうなと妙に納得させられました。もし、ネットショップと張り合うのであれば、アマゾンなどでも取り扱わないような珍しい商品を扱うことで差別化をしないといけないのだろうと思います。以前では、外国に商品を買い付けに行って、外国商品を専門に売っている店というのがありましたが、現在では越境ECという方法によって手軽にできるようになりました。まだまだ日本では認識されていないような商品を発掘して、ネットショップとの差別化をはかり、個性的な商品を販売することでしか生き残れないような社会になってきたと感じます。フレシャス レンタル料