取り組むモチベーションによってかかる時間は変わってくる

何をするにしても、やはり、物事に取り組むためのモチベーションは大切なものなんだと思います。

例えば、勉強や練習量を100だとして、やる気のないときや集中していないときに得られる量を50だとします。

でも、とても集中していたり、意欲的に取り組めているときには、この50という数字が70にも80にもなったりすることがあります。

それに、それに費やす時間にもその違いははっきりと現れます。

「よし、やるぞ」という気持ちで取り組めば30分で終わるようなことも、「面倒だな」と思ってぐだぐだやっていると1時間くらいかかったりするものです。

私の場合、食事の支度や片付けなんかがこのパターンで、重たい腰をようやく上げてやったりすると意外に時間がかかってしまいます。

同じこと・同じ内容をやるのに、かかる時間が違ったり、得られるものに違いがあるのは、考えようによってはとてももったいないことですよね。

何でもかんでもやる気満々にはなれませんが、うまく動機付けをすることができるようになるといいのだと思います。いぶきの実 効果