はじめての事をするなら、もっと慎重になるべきですね

 今回気まぐれにナプキンからタンポンに変えてみて、寝ている間の漏れを始めとした様々なナプキントラブルから開放され、こりゃ快適だ!と思っていたんですが。
 もしかしたら……使い方を間違えて、TSS/トキシックショック症候群になった可能性が……。
 詳しく検査はしてないのでなんとも言えないんですが、自分でざっと調べてみたら「あんまりにも不潔な状態で」「長時間(一般的に最大8時間までなので、それ以上)使いすぎる」と起こるようですね。
 症状は、今回私がなった目眩や吐き気を伴う激しい腹痛というのは合っていますし、もっと酷いものになると記憶障害や死に至る場合もあるんだとか!
 どちらも自覚はないんですが……普通にトイレで用を足してそのまんまタンポンを取り替えなかったのと、寝すぎちゃったのがそれに当てはまるなら、そうかもしれませんね……。
 それから、タンポンだけを連続で使うのもあまりよろしくないようですね。
 出来ればタンポン→ナプキン→タンポン、というように交互に使うのが望ましいんだとか。
 今はいつもどおりナプキンに切り替えましたが……でもやっぱりタンポンの方が楽なので、次回はちゃんと正しく使えるようにしたいです。キレイモ 初回 持ち物

まだ遠い先の事のようで近かった介護という問題

両親と3人暮らしの私にとっては、いつの日か介護という問題が必ず出てくるとは常々考えており、しかしながらまだ遠い先の事のように思っていました。
母もあと2年で70代ですが、時々肩が痛いとか腰が痛いという事はあれど、元気でよく食べるので安心していた部分もありましたが
突然、立ち上がれないほどの全身の痛みが出たようで起き上がれないようになりました。首がまわらないとか肩凝りが酷いというのは数日前に聞いていましたが、いつものようにしばらくしたら治ると思っていましたが、悪化してしまったようでした。
色々整形外科や脳神経外科などを受診しましたが、原因等の特定には至らず、日々リハビリに通う日々が続いています。
家事もままならないので、私も仕事に行く前や帰宅してからは家事の手伝いを増やしましたが、夜中の起き上がりなどは手助けが困難なので、電動ベッドを購入する事にしました。
初めは介護用で探していましたが、高額なのでリースする人が多い事もわかり、近くの家具屋へ見に行ったところ、お手頃なのに機能もよく、寝心地も良さそうでしたし、なにより手摺もついていたので即購入しました。
明日、ようやく電動ベッドが届きますが、母も楽しみにしている様子でした。
夜中に誰かを起こさなくて済む事がなくなるのがなによりも気持ち的に楽になるようでしたし、快適に寝起きができるようになるのも嬉しいようでした。
突然の事で毎日慌ただしく過ぎ、介護はこうして予期せぬタイミングでやってきたりします。意外と早い段階で介護という問題に遭遇しましたが、協力し合えばなんとか日々過ぎていく事ができています。
日々思う事は、私が産まれてから手が離れるまでも常に面倒を見てくれて育ててくれたので、それが今度は逆になったんだなという事と、母の首や肩や足腰をマッサージするようになって、母とじっくり向き合う時間が増えた事により、母も歳を取ったんだなという事です。
私の中ではいつでも昔の母のままだと思い込んでいましたが、それは日々の慣れや向き合う時間の無さが私の目や記憶をぼかしていただけでした。
長年、特別なにもしてあげられなかったので、突然ではありましたが、母とじっくり向き合う時間を貰えたと思って、母になるべく付き添って過ごしていこうと思っています。
今私ができる事は、家事の負担を減らす事とかももちろんですが、不自由な体でも楽しいという気持ちを与える事、笑顔を与える事だと思っているので、1日に何度かは母を笑わせるべく、どうでも良い事やくだらない事、しょーもない事を全力でバカらしく提供する事です。