催眠術だとか占いだとか、気になることについて

学生時代に「催眠術」という言葉だけに友人とはまったことがあります。結局はそのまま何もしないまま終わったのですが、何年か前、催眠術的なものを知人にかけられたことがあります。さて、言葉だけにはまっていた己は、催眠術の中身などさっぱり分かりません。
催眠術的なことをされ知人にいろいろ質問された際も、実は「こう答えた方がいいかな?」とか考えていました。これは催眠術にかかっているとはとても言えないのでは、とぼんやり思ってみたりします。
ネットで調べてみても、催眠術のことはよく分かりません。己の理解力が低いのも問題だとは思うのですが、催眠術というそれ自体が曖昧なものではないのかと思ったりもします。
すごく気になるので、一度専門家のところで催眠術を体験してみたい、気はします。ただ、それなりにお金がかかるので躊躇するレベルでしか気になっていないという感じです。占いについても、同じように一度くらいは専門家に見てもらいたいのですが、二の足を踏んでいます。これは料金的な問題ではなく、ただ単に質問することが等にないからです。
両方とも、とても悩んでから出かけた方がいいのかな、という気がしています。いろいろと悩むほど物事を深く考えて生きていないのが一歩を踏み出せない原因なのでしょうか。
興味本位で軽く体験できる敷居の高くない占いとかあったらいいなと思います。