おそるべしかな「インダス文明」の末えい達は

腰痛のためで会社を一週間休みました。もちろん医者にも診てもらいました。病名は「腰椎障害」と言われました。初期のヘルニアだそうです。今は最盛期の60%ぐらいの痛みになってきています。とにかく安静一番ということでほとんど寝て過ごす生活をしていたのですが、ベッドからの起き上がりと前屈姿勢が特に激しく痛みました。便所に行くこともやっとの状態でありましたが、大の方の後始末は大変でした。我が家は田舎ではありますがトイレは洋式になっており、ウォッシュレットもついていますので尻拭きは不要なのですが個人的にはやはり気持ち悪いので最後の一拭きが欲しいのです。ところがそれが痛くてできないのです。物心ついてから利き手の右手でしか拭いたことがない私は苦しくてもそのやり方を通そうとしましたが、せっかく少しよくなったと思われた腰を無理に曲げたためまた悪化させるということを二三度くりかえしてから、はたと思い出しました。イントの人は飯を食うときは右手?を使い、しりを拭くときは左の手を使うということばを。この後は左の手をつかい、腰の負担もすくなくなり病状はよくなっています。