育児経験のない同僚の一言についイラッと。

季節の変わり目、おとなもキッズも身体を崩し易いですよね。
つい先日、我が家の長男も身体を崩してしまいました。
共稼ぎ源泉身内の結果、あたいが肝要を休んで時間を見るしかありませんでした。

何日か肝要を休んで勤務すると、私の係担当内で次月の休日の統制をやる要所でした。
休んです引け目もあり、あたいは次月はお休み諦める意をリーダーに報知済みだ。

ブレイクタイムになり、隣の友人(独身女房・10歳下)が休日予定の言及を振ってきました。
家内は、あたいがキッズの病気などで休んでも不快外見せず肝要を引き継いでくれるような良い輩だ。
気まずさもありあいまいに返事をするあたい。
次月のオペレーティングシステムを見て、「○○ちゃん(あたい)お休みとらないんですね!」と、家内が気づきました。
「再び人一倍休んじゃってるからね〜」と苦笑するしかありません。そういったフェイズでのあやふや答えと苦笑はもはや取り得腕前だ。
そこで家内は笑顔でワンポイント。

「大丈夫ですよ!キッズが病気だって言って休んじゃえば宜しいじゃないですか!」

悪気は無いんでしょう。おおかた。
中傷をいうタイプではないので。
でもちらっとイラッとしてしまいました。
言われても仕方ないけどとにかく傷つくのです。http://xn--eckeogs9d6olcm8ec1h.xyz/