風向きの対抗のこととレベル速直線ムーブメントなどを研究

状況などに対して授業しました。上空1000mの雲から雨量が降り出したシーン状況の抵抗がない案件、地上に達したときのペースは、140m/秒にもなる。ただし、実際には雨粒に働く重力って状況の抵抗がつり合って技量がはたらかないのと同じ様子として、1〜10m/秒の周辺速直線運動をするのです。周辺速直線スポーツは、速さは規定で寸法は時間に比例します。物が他から力を受けないか、又はいくつかの力を受けてもそれらがつり合っていれば、静止やる物は静止し続け、運動して掛かる物は周辺速直線スポーツを続けます。だるまおとしは、とちゅうの積み木に平らに力を加えると、上のだるまはそのままの部分にいようとするので、ありのまま足元に落ちます。木片をのせた台車を急にとどまると、台車の上の木片はプロセス道順にスポーツを続けようとして倒れてしまいます。このようなことを授業しましたが、知らないことがたくさんあったのでもう細かく勉強したいだ。

こちらはさらに暗黒の日々のスタートに向き合う

1月15お天道様。
世間の大部分はお正月休日を終えて在り来りな毎日を奪い返しつつあった。
これまでの暮らしの中であたしは通じるイベントの厳しさをひと通り味わってきたって自負している。
彼氏を始め、様々な面々に支えられ、屈強なエネルギーで病気を乗り越えた。
あまり自分ひとりの力でここまで着くことはできなかったという。
実績尽力や雇用尽力は対面方って起用担当の恋の延長のようなものだというセリフがあるが、競争心が呼び覚まされた今日のあたしにとってのそれは、想い的には徐々に指輪上でボクサー友達が殴り合いを演出する崖っぷち、ゲーム前のような断固たる気力があった。
来る途中で大勢といったすれ違った。職位も職種も、階級も違えど、あたしにはまだそれらの人達が何となく病んでいるようにも思えた。
但し今は、全ての者がそれほど感じるかと仰ると、完全にそんなには言い切れない箇所もある。
大志を湛えたような顔で堂々と歩いている方。
オフィス街路のはずれにあろうという、郷里という童心を忘れることなく雪合戦に夢中になっていらっしゃる子供たちのルックスもある。
この世界には、まったく僅かな希望が残されているのかもしれない。