2つのとある種々TVを見ていました

午後くらいから番組されている、バラエティショー放送を見ました。こういうバラエティショー放送は、各週のように見ているのですが今回は、6秒でいろんな人が芸を講じるというのをやっていました。間に合わなかった他人も中にはいましたが、6秒ぴったりにできた他人もいました。犬も参加していました。犬は癒されるなと思いました。激しい人たちが出てきたので、びっくりしました。2リットルくらいのペットボトルを6秒で飲み込む他人などが出ていました。最後の人物は、飲んでいるのかわからないくらいペットボトルをぐちゃぐちゃにしていたので、ちゃんとわかりませんでした。来週はどんなことをやり遂げるのか楽しみにしている。次は、各週見ているバラエティショーの再番組をやっていたので、それを見ました。未表示の業者もあったりしたので、著しく嬉しかったです。今週は、専業があるのですがお知らせで気になったところがあったので、番組変わるまでひどく楽しみです。速く見たいだ。http://www.imacsindonesia.com/musee-tel/

こちら、国語出力がないから読みやすいのしか読めないんです

あたしは本読み家ではないです。読める、読みこなせる文献が少ないんです。常客な村上春樹氏の文献は難しすぎて読めないです。キーワードが読めないのでなく、流れがかなり理解できないというか、何言ってるんだか思い付かんですよね。デタラメと言うか、何となく言うか、はっきりしないというか。横文字もそこそこ使っていて、持ち味垂らしてると言うか。だいいち、カフカって何?とか、なぜノルウェーなん?とかって見まがうんです。追っかけのヒトにはすいませんが、これ、週刊名前でたけし氏もおんなじ先言っていたから、おや、同じく思っている人いるんだ上安らぎしました。それも、あのたけし氏が。あたしは結構スラスラ読めるのでないと理解できないんですよね。江國香織氏や、原田宗典氏、吉田修一氏など。この方らの文献は、ほんとうに丸ごとを書いていくから、途中でへんな例えなんか入れないでどっさり結び付くし、読みやすいんですよね。一方さっきの村上氏など、私の読めない文献は枝分かれして例えなんかを入れるから、声明を忘れて仕舞うし、酷い語彙ばかり扱うので理解できないんですよね。こんなふうに同じく思っている人いますよね。