忽ち起きてしまった自動車のマターときの仕打ちにおいて

今日は朝から習い事があり車種で出かけていました。
往きには普通に運転してパーキングに停めることができたのに、帰り鍵を入れてエンジンをかけようとしてもかかりませんでした。
自身は押しなべて車種の処理などを諦めるので彼にまかせきりだった結果、何が置きたのか状況がつかめませんでした。
しかたなくでは彼のオフィスに電話を入れると、昼休み近かったのですぐにきてくれることになりたすかりました。
彼がチェックしても単独たちではどうにもできずホンダの方にきてもらいました。
原因はバッテリー切れとのことでした。
突然のため驚きましたがその場で復旧、買い替えを通じてもらいました。
復旧自体は15当たりほどで終了しました。
ただ間もなく車検があり、彼は今回の車検ではバッテリーを交換しようとしていたそうです。
ぎりぎりもたなかったから今回の復旧には来訪費用がかかってしまい、余分な支払につながってしまいました。
今回は彼がオフィスにいてくれたので直ぐフォローができたのですが、独自の時でも車種の異常に対応できるおうにならなくてはという痛感しました。