ネットショップとの差別化をしないと生き残れない時代

先日、近所の書店が閉店することになったと閉店セールをしていました。年度末という時節柄もあるのかもしれませんが、郊外の大型店を除いて多くの店が閉店しているのを目にします。一方、毎日のようにどこかの家に宅急便の車がせわしなく行き来しています。アマゾンをはじめとしたネットショップの宅配でしょう。自宅に届き、量販店よりも安いことから、ネットを利用したショッピングがこれだけ便利になると、それは店舗型のショップは閉店に追い込まれるだろうなと妙に納得させられました。もし、ネットショップと張り合うのであれば、アマゾンなどでも取り扱わないような珍しい商品を扱うことで差別化をしないといけないのだろうと思います。以前では、外国に商品を買い付けに行って、外国商品を専門に売っている店というのがありましたが、現在では越境ECという方法によって手軽にできるようになりました。まだまだ日本では認識されていないような商品を発掘して、ネットショップとの差別化をはかり、個性的な商品を販売することでしか生き残れないような社会になってきたと感じます。フレシャス レンタル料